弊社取締役技工部門長から新年度を迎えるにあたってのご挨拶を掲載いたしました。

➡コチラより